自由に働くフリーランスが集まるサロン

日本住所を英語表記に変換!ジュドレスと君に届けの使い方

http://elmu.jp/wp-content/uploads/2020/02/f_f_object_174_s512_f_object_174_1bg.pngアザラシちゃん

日本まで商品を届けたいけど、住所を英語にするのが難しい、、。

海外のサイトで個人輸入を行う際に必ず、日本の住所を英語表記にする必要がありますが、どの様にしたらいいのか分からない。

そんな方に、自動で英語表記に変換してくれる便利な「judress(ジュドレス)」と「君に届け」についてご紹介します。

http://elmu.jp/wp-content/uploads/2019/09/スクリーンショット-2019-09-25-19.39.21.png佐原まい

私もこのサイトのおかげで、スムーズに海外から商品を買い付けすることが出来ました!

少しだけ、日本語を英語表記にする方法についてもご説明して行きますね。

▼こちらの動画でも内容を確認出来きます▼

日本語住所を英語住所にする方法

日本語住所を英語住所に変換する方法は、記載される順番が逆になります。

今回は東京タワーの住所を参考に英語住所にする方法をご紹介します。

【日本の住所の場合】

〒105-0011 東京都港区芝公園4-2-8

郵便番号 → 都道府県 → 市区町村 → 地域名 → ●丁目●番地●号 →

建物の名前・部屋番号と、「大きな地名単位→小さな地名単位」へと書いていきます。

【英語の住所の場合】

4-2-8 Shibakoen, Minato-ku, Tokyo 105-0011, JAPAN

英語表記では「小さな地名単位→大きな地名単位」の順で住所を表記します。

国際郵便で1番大切なのは、どの国かが分かるように国名を明記すること。

judress(ジュドレス)とは

JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。

この様に、住所を入力し「実用的に変換」をクリックすればワンクリックで英語表記に変換する事が出来ます。 あとは、この詳細を海外のサイトで入力すれば大丈夫です。

http://elmu.jp/wp-content/uploads/2020/02/f_f_object_174_s512_f_object_174_1bg.pngアザラシちゃん

便利だなぁ。こんなにすぐに英語表記に変わるんだ!

君に届け!とは

君に届け!も日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。

日本語住所の所に、ご自身の住所を入力し変換を押します。

そうすると英語住所に必要な情報が記載されます。

君に届け!も住所を入力するだけで英語の住所に変換してくれるものですが、

表示の仕方や電話番号の記入例まで教えてくれているので分かりやすいですね。

まとめ

個人輸入では、海外のサイトを利用するので「英語が苦手」という意識を持たれる方も多いと思いますが、

グーグルドライブなどで、日本語に翻訳することが出来ます。

http://elmu.jp/wp-content/uploads/2019/09/スクリーンショット-2019-09-25-19.39.21.png佐原まい

どちらのサイトもすごく便利なサイトなので、是非使って見てくださいね♪