自由に働くフリーランスが集まるサロン

【最新版】YouTubeに動画をアップロードする方法!

2019年に新しくYouTube studioの、

仕様が変わりましたので最新版の動画アップロード方法をご紹介させて頂きます!

佐原まい

これからYouTubeに動画投稿を始めたい方に、動画のアップロード方法を解説します!

STEP1:YouTubeチャンネルにログイン

YouTubeのアカウント登録を終わらせて、ログインした後、チャンネルの左側にある、「ビデオマークのアイコンボタン」をクリックします!

次に「動画をアップロード」という文字が出て来るので、選択して下さい。

STEP2:投稿したい動画をアップロード

STEP1の「動画をアップロード」というボタンを押すと、この様な画面が表示されます。この部分にYouTube上に投稿したい動画を「ドラック&ドロップ」もしくは、「ファイルを選択」をクリックし、ファイル内から動画を選択して下さい。

STEP3:動画タイトル・説明文・サムネイル・再生リストの設定

STEP2の動画をアップロードするとこの様な詳細ページになります。YouTube上でアップロードする前に設定するべきポイントが①〜⑩の流れがありますので、詳しくは、STEP5で解説します!

次に、③の公開設定をクリックして、「限定公開」もしくは「非公開」の状態であなた以外の方に見れない状態で、「完了」を押してください。

STEP4:アップロードされるのを待つ

次に、この様な画面が表示されますので動画をアップロードされるのを待ちます。

動画の容量がかなり大きい場合や、Wi-fiのネット環境が悪い場合はスムーズにアップロードされないので注意して下さい。

一旦アップロードが完了した後に、「0%処理済み」「100%アップロード済み」になるまで待ちます。長時間の動画や高画質の動画の場合、アップロードされるのに時間がかかる場合があります。

↓↓↓0%処理済み

↓↓↓99%処理済み

↓↓↓100%処理されれば、「詳細」というアイコンなどが表示されます。

ここまで来たら、後は①〜⑩の詳細を設定しYouTube上にアップロードするだけです。

YouTubeへの動画のアップロードに時間がかかる3つの要素

YouTubeへ動画をアップロードする時の処理を待つ時間というのが、主にこの3つの要素が関係あります。

これら3つの要素の組み合わせで時間がかかるケースが決まりますが、基本的にはよほど長い動画をアップロードしない限りは、10分以内にはアップロードから動画の処理まで完了します。

3つの要素!
  1. ①アップロードする動画の容量(動画の画質と尺)
  2. ②アップロードするネット回線の状況
  3. ③YouTubeサーバー側の混雑状況

STEP5:タイトルから詳細設定まで

100%処理がされたあと、「詳細」をクリックします。そうするとこの様なページが表示されますので、①〜⑩についてお伝えさせて頂きます。

▽①〜⑧

▽⑨〜⑩

①動画のタイトル

これは、YouTube上で「あなたの動画がどんな内容の動画なのか?」を伝える内容になりますので、動画の内容が分かったりユーザーが見たい!

と思う様な「動画タイトル」の設定を行いましょう。

②説明文

説明文は動画の下に、この動画はどんな動画なのか?やあなたが見てもらいたい内容を記載する事が出来ます。

YouTubeの説明文の内容として、

MEMO

など、①〜⑤の項目を入れている方が多いです。あなたの動画やジャンルに会った適切な説明文を入力しましょう。

※参考になる、YouTuberさんの説明文章の構成を真似て作るとスムーズに作成出来ます。

③カスタムサムネイル設定

YouTubeであなたが投稿したサムネイルが再生されるか?されないか?を決めるのにもすごく重要な「サムネイル」です。

設定しないまま、動画の中の画像で投稿する事も出来ますが必ず作成して動画をアップロードしましょう。

青色の枠で囲っているのが、YouTube側のシステムが自動で選択したサムネイル画像です。

赤色の枠で囲っている部分で、作成した自由なサムネイル画像を設定する事が出来ますので、「ドラック&ドロップ」もしくは、「サムネイルをアップロード」をクリックして、選択すると動画をアップロードする事が出来ます。

YouTubeサムネイルサイズ
解像度: 1280×720(最小幅が 640 ピクセル)
アップロードする画像ファイル形式: JPG、GIF、GMP、PNG
画像サイズ: 2 MB 以下
アスペクト比: できるだけ 16:9 を使用する(YouTube プレーヤーやプレビューで最もよく使われるため)

カスタムサムネイルが設定出来ない場合の対処法

YouTube上でサムネイル画像を設定する際に、YouTube上のアカウント確認を行わないとカスタムサムネイルが使えない仕様に変更されています。

その為に、まずアカウント確認を行いましょう。

①チャンネルのアイコンマークをクリックして「設定」をクリック

②アカウントを選択し「チャンネルのステータスと機能」をクリック。

③次にこの様なページが表示されます。ここで「カスタムサムネイル」を確認すると「無効」になっている事が分かると思います。

この状態では、動画をアップロードしてもカスタムサムネイルを使用する事が出来ない為、作成したサムネイルを設定する事が出来ません。

ポイント
その為、「制限時間を超える動画」にある「有効にする」をクリックし、アカウントの確認を行なっていきます。

「制限時間を超える動画」にある「有効にする」をクリックを押すとこの様なページが表示されますので、「電話の自動音声メッセージを受け取る」や「SMSで受け取る」を選択します。

「SMSで受け取る」を選択された方がスムーズだと思います。

どちらかに、「チェックマーク」を入れると、電話番号を入力するフォームが表示されますので、こちらに電話番号を入力して「送信」をクリックします。

入力した電話番号宛てに送られてきた「確認コード」を入力する事で、15分以上の動画をアップロードする事が可能になり、「カスタムサムネイル」の設定も出来ます。

④視聴者(子供向けコンテンツか?)

こちらに関しては、あなたの動画のコンテンツ内容に沿ったのをチェックして下さい。

⑤タグ付け

次に、YouTube動画をアップロードする際に重要になるのが「タグ付け」になります。

この「タグ付け」は視聴者は見る事は出来ませんが、YouTube上であなたがUPした動画は、「どんな動画なのか?」を伝えるのに重要になってきます。

今回のタグ付けの動画タイトルは、【簡単】Photoshopを使ったYouTubeサムネイル作成方法!という動画の内容になります。

タグ付けのコツ
ここではキーワードとなる「フォトショップ」「YouTubeサムネイル」に関連して、ユーザーがどの様に検索するのか?を予測して「タグ付け」を行いましょう。

タグ付けに関しては、基本的に10個〜15個程度がオススメです。それ以上でも設定を行う事は出来ますが、多ければヒットされるという訳ではなく、

ユーザーが求めている動画内容に対して正しいタグ付けを行う事を意識して設定を行なって下さい。

⑥公開設定

次に、公開設定を行います。書いている詳細の通りではありますが、この様な詳細になります。

・公開:全ての人が動画を視聴出来る様になる。
・限定公開:動画リンクのURLを共有した人のみ動画コンテンツを見る事が出来る。
・非公開:あなた以外の動画コンテンツを見る事が出来ない。

動画のスケジュールを設定

動画のスケジュール設定というのを設定する事によって、あなたがアップロードした動画をいつ何時に配信するか?を決める事が出来ます!

毎日決まった時間に配信すると決めている場合、この機能を使う事によって手動で公開する手間が無くなるのでオススメです。

⑦再生リスト

この再生リストは、初めての動画の場合設定する必要はありませんが、ある程度の動画本数が投稿されて、カテゴリに分ける事が出来ると視聴者さんも分かりやすくなるので、設定されてみて下さい。

⑧終了画面

終了画面では、アップロードした動画の後に、

・チャンネル登録への誘導
・最新アップロード(最近アップロードされた動画を自動的に表示)
・ 視聴者に適したコンテンツ(視聴者に適した動画が、チャンネルから自動で選択)
・動画または再生リストを選択(最近のアップロード動画または再生リストから選択するか、YouTube URL を入力)

この様な形でオススメとして表示する事が可能です。

⑨撮影日

撮影日の日付は、動画を撮影した日でも大丈夫ですが基本的にその動画をアップロードする日がオススメです。

⑩カテゴリ

カテゴリに関しては、あなたの動画に適した「カテゴリ」を設定して下さい。

STEP6:動画を公開する

STEP5の①〜⑩の詳細設定を行う事が出来れば後は、「公開」に設定して「保存」をすると、YouTube上にあなたが作成したオリジナル動画をアップロードする事が出来ます。