自由に働くフリーランスが集まるサロン

【確定申告】フリーランス5年目のレシート領収書の管理術をご紹介します。

この方法を使う事によって、ズボラ管理だった私も、毎月しっかり管理して、確定申告に備える事が出来ました。

そもそも、確定申告とは?

確定申告というのは、個人の所得に対する「所得税」がかかり、税務署に対して、

「1月1日〜12月31日の間で、年間でこれだけの所得が合ったので、所得税を支払います。」

というのを申し出なければいけない。というのが確定申告です。

いつまでに申告する必要があるの?

所得税の確定申告は、毎年2月16日〜3月15日までです。

この期限を過ぎてしまうと、「期限後申告」として、無申告課税や延滞税というのを課せられてしまうかも知れません。

なので、ついつい後回しにしてしまって、「提出出来ませんでした」というのは、通用しない世界です、、。

あとで、確定申告の時期に焦ったり、困らない為にも、日常的に確定申告を行なう方が後ですごく楽になります!

確定申告の時期に慌てないレシート管理術とは?

では、早速フリーランス5年目のズボラな私が毎年の確定申告で、慌てなくなったレシート管理術をご紹介します。

経費袋を用意する

まず、何かレシートや封筒が入る袋を用意してください。

私はセリアで購入したので、お近くの100均一などでも似たような袋があると思います。

その袋の中に、

①毎月の経費のお金(全額でなくていい)

②項目別の封筒

③マーカーペン

④レシート

を用意してください。ここでポイントなのは、経費袋にお金をかけない方がいいです。

長年ずっと愛用するモノにはなると思いますが、管理出来ない人はいきなり、良い経費袋を購入するのではなく、

管理が出来た後に、欲しい経費袋がある場合購入する様にしましょう。

①毎月の経費のお金(全額でなくて良い)

ありあまるお金があれば、良いですが、「経費だから大丈夫」という発想でお金を使うのはあまりオススメしません。

経費は常に変動すると思いますが、広告費などの事業を大きくするためのお金ではなくて、

交通費・交際費・消耗品で使っても良いお金のラインを決めておく事が大事です!

経費だから大丈夫ではなく、今後売上を伸ばして行くために、本当に必要かどうか?という基準で、経費は使う様にしましょう。

②項目別の封筒

確定申告を楽にする1番のポイントはここ。

1つの袋にレシートをまとめてしまうと、また月末や月初にレシートを、項目別に分ける必要があります。

なので、はじめからその月の項目別の袋で、こまめに分ける事によって、毎月確定申告に備えた準備をする事が出来ます!

③マーカーペン

レシートを管理した後、毎月の項目別経費でいくら使ったのか?をまとめる際にこのマーカーペンを使う事によって、時短や間違いを防ぐ事が出来ます。

レシートには、数字が沢山記載されているので、「どれが使ったお金なのか?」というのを一瞬で見分ける事が出来き、入力する際にも間違いを減らして、

再度、レシートをチェックしないといけなくなる。などの手間を省くことが出来きます!

④レシート

お店でレシートを貰った際に、経費袋にレシートを入れ、その日もしくは、翌日の朝には項目別に分ける習慣を付けましょう!

オススメの会計ソフト

現在、キャッシュレス化が進み支払いの管理を全てWEB上で見れる様になりました。

今回ご紹介する会計ソフトで、カード情報を入力すれば仕分けるだけでレシートを管理せずとも、仕分けする事も可能です!

free

MFクラウド会計

https://biz.moneyforward.com/

個人事業の必要経費一覧

なんとなく、流れは分かったけど、経費の項目が分からないという方に、個人事業主で使う必要経費の項目をご紹介します。

租税公課

税金や公共料金として支払った費用。

例)個人事業税、固定資産税、自動車税、印紙税など

荷造運賃

商品や郵便物の梱包・配送費用

例)ダンボール箱、緩衝材、ガムテープなど

※物販をされている方は特に、こまめに付けおきましょう。

水道光熱費

事業運営に必要な水道料金・電気料金

例)水道料金、電気料金、ガス料金など

旅費交通費

移動費や宿泊費

例)電車賃、タクシー代、航空運賃、駐車場代、出張宿泊費など

通信費

通信のために必要な料金

例)インターネット料金、携帯料金など

消耗品費

10万円未満、もしくはもしくは法定耐用年数が1年未満のものを購入する際の費用

例)文房具、伝票、名刺、印鑑、10万円未満のパソコンなど

まとめ

面倒だと思う事は基本的に5分で片付く。というのを意識すると、ついつい後回しにする癖が改善されていくはずです。

税金などは、自分で調べても分からない事も多いので、税理士さんにお願いする方が時間も有効活用する事が出来ます。

私のお願いしている税理士さんは、税理士をしながら副業で行なった「BUYMAで月30万円稼ぐ」など、

珍しい税理士さんなのですが、ビジネスの事に詳しく相談も親身に乗ってくれるので、かなりオススメです。

松岡税理士さんのブログはこちら

https://piasoleil.com/

※税理士さんに相談に乗って貰いたい方は私のLINE@までお気軽にご連絡ください。

友だち追加